M&Aとは、Mergers(合併)and Acquisitions(買収)の略語で
「企業の合併・買収」のことを意味しますが、一般的には企業の合併・買収だけではなく特定の事業のみの譲渡や業務提携などを含めた、広い意味での企業間提携の総称として使われています。
バブル期以前は事業や企業を売却することへの抵抗感が強い時代でしたので、M&Aは経営手法としては定着していませんでした。
 しかし、バブルが弾け、金融再編・規制緩和・デフレ経済・世界的な金融恐慌という厳しく変化の激しい経営環境の下で生き残り、さらに成長発展するための経営戦略上の有効な選択肢として定着してきています。
資金繰りに困窮し、やむなく事業や企業を売却という消極的なM&Aだけではなく、同業他社との差別化を図るための戦略として必要だからM&Aを検討・実行するという積極的な活用もあるのです。

 M&A(企業間の提携)
→ 業務提携(業務上の協力関係を築くこと。)
資材調達・物流面、技術の開発・供与、販売促進、人材交流など
→ 資本提携(合併、買収、分割があり、そのうち合併と買収のみ記載します)
→ 合併(吸収合併・新設合併)
2以上の会社が法的手続きにより契約し合体して一つの会社となること。
1社のみを存続会社とし、他方の会社を存続会社に吸収させる「吸収合併」と、新設した会社に全ての企業を統合する「新設合併」とがあります。
新設合併の場合、新たに事業に必要な登記や営業の許可等を取り直さなければならないなど、費用や事務作業量が過大になるため、実際の合併の大部分は吸収合併となっています。
→ 買収(株式取得・事業譲渡)
株式を取得する方法には、譲渡・第三者割当増資・株式交換・MBOが挙げられます。
・株式の譲渡は、手続きが比較的簡易なことから主に使われている方法です。
・第三者割当増資は、売り手企業が新株を発行し、その新株を引き受けてもらう方法で資金力増強の際
  に有効です。
・株式交換は、ある会社を子会社化するとき、親会社となる会社が、その子会社となる会社の株式の
  取得対価として、現金ではなく親会社の株式を交付する方法です。
・MBOとは、マネジメント・バイ・アウトの略で、事業の継続を前提として、子会社等の経営陣が、
  親会社等から株式及び経営権を買い取り、自らが企業のオーナーとなり独立するための方法です。
事業譲渡は、売り手企業の事業の全部又は一部を買い手に譲渡する方法です。対象となる事業等を、当事者間で自由な取り決めのもと売買できるため、柔軟な取引が可能ですが、承継の際の手続き量は煩雑・膨大なものとなります。




JOHARI税理士法人
大阪市西区新町1−8−1 行成ビル8F
TEL:06−6533−2238    FAX:06−6533−2239