『知的資産経営報告書』とは

企業が有する技術、ノウハウ、人材など重要な『知的資産』の認識・評価を行い、それらをどのように活用して企業の価値創造につなげていくかを示す報告書です。
過去から現在における企業の価値創造プロセスだけでなく、 将来の価値創造プロセスをも明らかにすることで、企業の価値創造の流れをより信頼性をもって説明するものです。
企業の有する知的資産を有効に活用することが、企業発展のカギとなります。

<知的資産のイメージ図>

知的資産とは、特許やブランドなどの「知的財産」と同義ではなく、さらに組織力、人材、技術、経営理念、顧客ネットワークなど、 決算書には表れにくい(非財務情報)経営資源の総称を指します。「知的資産」は企業の強みであり、企業競争力の源泉です。

知的資産を注視し、知的資産を有効に活用した企業経営を知的資産経営と言います。
知的資産経営による企業の価値創造のストーリーをまとめたものが知的資産経営報告書です。

<知的資産経営報告書の活用方法>
・ 経営陣の意識統一・・・自社の強みを再認識し、経営基盤の強化を図る
・ 事業(経営)承継・・・企業価値創造ストーリーの見える化と承継を図る
・ 社員への経営理念の浸透・・・将来の価値創造プロセスの共有化を図る
・ 金融機関、投資家への非財務情報のプロモーションツール
・ 得意先、取引先、将来顧客への非財務情報のプロモーションツール
・ リクルーティングツール など




JOHARI税理士法人
大阪市西区新町1−8−1 行成ビル8F
TEL:06−6533−2238    FAX:06−6533−2239